世界日報 Web版

傷害容疑逮捕の19歳少年、「人を殺した」と出頭


甲府市で住宅全焼し2人死亡、無人駐在所の電話から連絡

傷害容疑逮捕の19歳少年、「人を殺した」と出頭

住宅が全焼し2人の遺体が見つかった現場=13日午後、甲府市


 
 甲府市で住宅が全焼し、住人夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、夫婦の娘に対する傷害容疑で逮捕された同市の少年(19)が山梨県警に出頭した際、泣きながら「人を殺してしまった」と話していたことが13日、県警への取材で分かった。

 少年は傷害容疑を認め、放火についてほのめかしているという。県警南甲府署捜査本部は遺体の身元確認を進めるとともに、死亡の経緯についても少年が事情を知っているとみて調べる。

 火災は12日午前3時50分ごろ、甲府市の井上盛司さん方で発生。木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から井上さん夫婦とみられる遺体が見つかったほか、現場付近で血痕のようなものが発見された。

 県警によると、12日午後7時ごろ、同県身延町にある南部署管轄の無人駐在所に設置された電話から、少年が「甲府の方で人を殺してしまった」と泣きながら同署に連絡してきたという。同署は、電話を切らずに駐在所にとどまるよう指示。署員が約20分後に駐在所に到着し、少年を発見した。少年はその際、所持品などを持っていなかったが、駐在所の前に少年の車が止めてあったという。その後、捜査本部のある南甲府署員も到着し、少年は同署に任意同行された。

 少年は出火直前、井上さんの10代の娘の頭を何らかの凶器で殴打し、けがをさせたとして、傷害容疑で逮捕された。「1人でやった」などと容疑を認めている。