世界日報 Web版

明桜高の風間球打投手、18歳の誕生日に吉報


ソフトバンクの交渉権獲得が決定、「うれしくて手震えた」

明桜高の風間球打投手、18歳の誕生日に吉報

ソフトバンクから1位指名され、写真撮影でポーズを取る秋田・明桜高の風間球打投手=11日午後、秋田市

 12球団が入札を終えてソフトバンクの交渉権獲得が決まると、明桜高の風間は静かに喜びをかみしめた。

 18歳の誕生日に迎えた運命の日。「すごくうれしくて手も震えた。ソフトバンクは一人一人が実力を持っているチーム。ユニホームを着て活躍する姿をイメージしていた」。プロの門をたたく自分に思いをはせた。

 2日前に王貞治球団会長が「将来エースになってくれる」と1位指名を公言。他球団と競合せず縁がつながり、最速157キロ右腕は「衰えないよう頑張り、チームのために良い投手になりたい」と心に誓った。来年の目標に160キロ到達を掲げ、「新人王を取りたい。最終的には沢村賞」とも。

 共に高校「BIG3」と称された市和歌山高・小園はDeNA、高知高・森木も阪神に1位指名された。ライバル心を燃やし「球速面や賞でも自分が上で、勝ち取れるよう頑張る」と宣言。対戦したい打者にはオリックスの吉田正を挙げ、「強打者に負けないよう投球したい」と語った。

 高校で指導した輿石監督は「ここからがスタートライン。みんなに愛される選手になってほしい」とエールを送った。