世界日報 Web版

メルク社、コロナ飲み薬使用許可を米当局に申請


世界初の実用化となる見通し、医療機関の負担軽減に期待

メルク社、コロナ飲み薬使用許可を米当局に申請

米製薬大手メルクが開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」(同社提供)(AFP時事)

 米製薬大手メルクは11日、開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」の緊急使用許可を米食品医薬品局(FDA)に申請したと発表した。認められればコロナの飲み薬としては世界初となる見通し。医療機関の負担軽減が期待されている。

 メルクは今月、軽中等症の成人のコロナ患者にモルヌピラビルとプラセボ(偽薬)を投与した後期臨床試験(治験)で、モルヌピラビルが入院や死亡のリスクを約50%低下させたと公表。米調査会社のアナリストは、年内に米当局の緊急使用許可が得られるとの見方を示している。

 コロナの経口治療薬をめぐっては、米製薬大手ファイザーも中・後期治験を進めており、塩野義製薬も開発している。岸田文雄首相は10日、「コロナ対策の大きな決め手となる取り組みだ」と語り、早期実用化に期待感を表明した。

 メルクはモルヌピラビルを米バイオ医薬品企業リッジバック・バイオセラピューティクスと共同開発。米国などの政府との間で同薬を供給する契約を結んでいる。(ニューヨーク時事)