世界日報 Web版

岸田首相、国民との「車座対話」がスタート


初回は都立墨東病院関係者と、コロナ対策など対話

岸田首相、国民との「車座対話」がスタート

都立墨東病院を視察し、意見交換会で女性看護師(手前)の話を聴く岸田文雄首相(右から2人目)=9日午前、東京都墨田区(代表撮影)

 岸田文雄首相は9日、新型コロナウイルス対応に当たる東京都墨田区の都立墨東病院(足立健介院長)を視察し、所信表明演説で打ち出した国民との「車座対話」の初回としてスタッフから意見を聴いた。この後、医療従事者の処遇改善に取り組む方針を記者団に改めて示した。

 墨東病院は感染症指定医療機関として、コロナ重症患者を積極的に受け入れている。対話には7人が参加。首相は「注文、文句を政治に反映させたい」と促し、新人看護師は周囲にウイルスを感染させないよう心掛けていることを話した。

 首相は記者団に「自らのリスクを顧みず、大変なストレスの中で頑張っている」と強調。「働き方や収入についてしっかり政治の立場から考えていかなければならない」と語った。

 対話の前には足立院長から患者受け入れ状況の概要などを聴取。ノートを開いて耳を傾けていた。10日には宿泊療養施設となっている横浜市のホテルを視察する。