世界日報 Web版

米露がスターで宇宙競争、最高齢や映画撮影も


「スター・トレック」の船長 90歳、最高齢記録を更新へ

米露がスターで宇宙競争、最高齢や映画撮影も

米SFテレビ・映画シリーズ「スター・トレック」で主役の「カーク船長」を演じた俳優ウィリアム・シャトナーさん=2017年9月、ロサンゼルス(AFP時事)

 米宇宙企業ブルーオリジンは4日、俳優ウィリアム・シャトナーさん(90)が12日に打ち上げ予定の宇宙船「ニューシェパード」に乗り込むと発表した。シャトナーさんは米SFテレビ・映画シリーズ「スター・トレック」で主役の「カーク船長」を演じたことで知られる。

 ニューシェパードは7月、ブルーオリジン創業者で米アマゾン・ドットコム創業者のジェフ・ベゾス氏ら4人を乗せ、初の有人飛行に成功した。その際に乗客の一人だったウォリー・ファンクさん(82)が最高齢の宇宙経験者で、シャトナーさんは記録を更新することになる。

 シャトナーさんは現在、有料テレビ局ヒストリーの番組でエグゼクティブ・プロデューサー兼進行役を務める。ブルーオリジンを通じ声明を出し「宇宙のことは長年、話を聞くだけだったが、実際に自分の目で見る機会を得た。何という奇跡だ」と喜びを語った。

 12日打ち上げのニューシェパードには、シャトナーさんやブルーオリジンのパワーズ副社長ら計4人が搭乗。テキサス州の施設から打ち上げられ、宇宙空間に十数分間「滞在」する予定だ。(ワシントン時事)

◆   ◇   ◆

史上初の映画撮影へ 監督、女優らISSに12日間滞在

米露がスターで宇宙競争、最高齢や映画撮影も

史上初の宇宙での映画撮影に臨むロシアの女優ユリア・ペレシルドさん(ロシア国営宇宙企業ロスコスモス提供)=4日、カザフスタン・バイコヌール宇宙基地(AFP時事)

 史上初めて宇宙での長編映画の撮影に臨むロシアの監督と女優を乗せたソユーズ宇宙船が5日、カザフスタン・バイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げられ、地球周回軌道への投入に成功した。ISSでの映画撮影は米俳優トム・クルーズさんも計画していたが、ロシアが先んじることになる。

 米企業が民間人の宇宙旅行で存在感を示す中、「宇宙大国」を自任するロシアとして対抗する意図がありそうだ。宇宙船はロシア人宇宙飛行士と監督、女優の3人が搭乗。監督と女優の滞在は12日間で、17日に地球に帰還予定だ。

 映画の題名は「挑戦」で、女性医師が宇宙で生命の危機にひんした飛行士を救出しようとする姿を描く。国営宇宙企業ロスコスモスと政府系テレビなどによる共同制作で、監督は宇宙を題材にした映画「サリュート7」などを手掛けたクリム・シペンコ氏。女優はユリア・ペレシルドさんが選ばれた。

 シペンコ氏は4日のオンライン記者会見で「われわれは実験を行っている。うまくいくこともあれば、いかないこともあるだろう」と語った。ペレシルドさんは女優は優雅さや感情の豊かさが求められるのに対し、宇宙飛行士は緊張や集中力が要求されるとして、仕事としては「正反対」と話した。(モスクワ時事)