世界日報 Web版

元横綱旭富士の伊勢ケ浜親方が還暦土俵入り


日馬富士と安美錦従え、赤い横綱を締めて不知火型を披露

元横綱旭富士の伊勢ケ浜親方が還暦土俵入り

還暦土俵入りを行う元横綱旭富士の伊勢ケ浜親方(中央)。露払いは安治川親方(元関脇安美錦)、太刀持ちは元横綱日馬富士=3日、東京・両国国技館(代表撮影)

 大相撲の元横綱旭富士の伊勢ケ浜親方(61)=本名杉野森正也、青森県出身=が3日、東京・両国国技館で還暦土俵入りを行った。太刀持ちに元横綱日馬富士、露払いに元関脇安美錦(現安治川親方)と2人の弟子を従え、赤い横綱を締めて不知火型を披露した。当初は昨年5月の予定だったが新型コロナウイルスの感染拡大で延期していた。

 土俵入りを終えた伊勢ケ浜親方は、「一つの目標だったので、やることができてうれしく思う。新たなスタートを切る、という思いだった」と話した。この日に向け約4年間、筋力トレーニングで体形の維持に努めたという。

 白鵬が引退し、弟子の照ノ富士が一人横綱として相撲界を引っ張ることになる。「責任を全うし、これからまた横綱らしい相撲を取ってくれると思う」と、改めて期待を寄せていた。