世界日報 Web版

フランス、ギリシャにフリゲート艦3隻を売却へ


軍事協力強化をアピール、「強い欧州」の実現を訴え

フランス、ギリシャにフリゲート艦3隻を売却へ

28日、パリで、ギリシャのミツォタキス首相(左)と握手するフランスのマクロン大統領(AFP時事)

 フランスのマクロン大統領とギリシャのミツォタキス首相は28日、仏製フリゲート艦3隻の売買契約に署名した。マクロン氏はパリでの共同記者会見で「欧州の戦略的自治に向けた最初の大胆な一歩だ」と軍事協力強化をアピール。米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設に対抗心を示した。

 ギリシャ側にも、東地中海での資源開発をめぐり対立するトルコをけん制する狙いがある。ミツォタキス氏は記者会見で、今回の契約が「われわれを何十年も結び付けるだろう」と述べた。

 契約総額は明らかにされていないが、仏BFMテレビによると30億ユーロ(約3900億円)に上る見通し。

 マクロン氏は、オーカス創設に伴う豪政府による潜水艦共同開発計画の破棄について「複数同盟国と合同演習を行っており、フランスのインド太平洋戦略に影響はない」と主張。一方で「欧州は世間知らずでいるのをやめるべきだ」と強調し、米国に頼らない「強い欧州」の実現を改めて訴えた。(パリ時事)