世界日報 Web版

コアラの生息3年で3割減、最少3万匹強に


豪動物保護団体が発表、大規模森林火災や土地開発が原因

コアラの生息3年で3割減、最少3万匹強に

火災から救出され、ボランティアの手当てを受けるオーストラリアのコアラ=2020年1月、南部カンガルー島(EPA時事)

 豪動物保護団体のオーストラリアコアラ基金は20日、国内でコアラが過去3年間に3割減少したとする調査結果を発表した。生息するコアラは最少で約3万2000匹にすぎないと推計。2020年初めにかけて半年間続いた大規模森林火災などが原因で、政府に対して保護を急ぐよう訴えている。

 発表によると、生息数の推計は最多で約5万8000匹。州別では最大都市シドニーを抱える東部ニューサウスウェールズ州が41%減と最大のマイナスとなった。これまでコアラが生息していた128地域のうち47地域では野生のコアラが消滅した。

 同基金のデボラ・タバート理事長は、森林火災のほか、干ばつや熱波などの天候要因や土地開発もコアラの生息減少につながっていると説明。「一部の景色は月のようになり、死んだり死にかけたりした樹木があらゆるところにある」と指摘し、コアラ保護の法令制定を求めた。(シドニー時事)事)