世界日報 Web版

台風14号が福岡県に上陸、西日本を横断へ


大雨暴風に警戒を、東北や北海道でも激しい雨の恐れ

台風14号が福岡県に上陸、西日本を横断へ

台風14号が接近した福岡市の繁華街・天神地区を歩く人たち=17日午後、同市中央区

台風14号が福岡県に上陸、西日本を横断へ

台風14号の予想進路


 
 台風14号は17日午後7時前、福岡県福津市付近に上陸した。西日本では風雨が強まり、気象庁は大雨や暴風、高波、高潮に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けた。14号はその後、四国や紀伊半島を横断して18日夜に東海沖で温帯低気圧に変わると予想される。台風が最初に福岡県に上陸するのは統計史上初めて。

 一方、18日は日本海で別の前線を伴う低気圧が発生し、東北地方北部を太平洋側へ通過する見込み。東北や北海道でも激しい雨が降る恐れがある。

 長崎県壱岐市では17日午後6時に最大瞬間風速34・5メートルを観測した。

 18日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国300ミリ、東海250ミリ、近畿と関東甲信200ミリ、東北と北海道180ミリ、中国150ミリ、九州北部120ミリ、九州南部と北陸100ミリ。その後、19日午後6時までの同雨量は、東海と関東甲信100~150ミリ。

 18日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州北部と中国、四国、近畿35メートル、九州南部と東海30メートル。波の高さは九州北部6メートル、九州南部と四国、近畿、東海5メートル。