世界日報 Web版

稲葉篤紀、宇津木麗華監督が福島県知事を表敬


野球・ソフトボールの金メダルを県営あづま球場で報告

稲葉篤紀、宇津木麗華監督が福島県知事を表敬

福島県の内堀雅雄知事を表敬訪問した野球の稲葉篤紀監督、ソフトボールの宇津木麗華監督=16日、福島県営あづま球場

 東京五輪で日本代表を金メダルに導いた野球の稲葉篤紀監督、ソフトボールの宇津木麗華監督が16日、福島県の内堀雅雄知事を表敬訪問し、1次リーグの会場だった県営あづま球場(福島市)で記念撮影が行われた。

 福島での五輪初戦について稲葉監督は「初戦勝利の流れで優勝できた大会。無観客ではあったが福島県民の皆さまの応援が選手に伝わり、力になった」と振り返った。宇津木監督は「試合をしながら福島の人やおいしい米、桃のパワーをもらった。良い報告ができて一番うれしい」と語った。

 内堀知事は「金メダルを取った喜びを県民も感じることができた素晴らしい試合だった」と応じた。記念撮影の後、知事から両監督に記念品として、福島市の日本酒「金水晶」が贈呈された。