世界日報 Web版

米誌タイム、影響力ある100人に大谷翔平選手


「現代のバンビーノと称賛」、大坂なおみ選手や隈研吾氏も

米誌タイム、影響力ある100人に大谷翔平選手

本塁打を放ち、チームメートに祝福される米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=4月30日、シアトル(時事)

 

 米誌タイムは15日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、「アイコン(あこがれの対象)」部門で米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手を初めて選出した。

 女子テニスの大坂なおみ選手も3年連続で選ばれたほか、「イノベーター(革新者)」部門には、東京五輪・パラリンピックのメイン会場となった国立競技場の設計を手掛けた建築家の隈研吾氏が名前を連ねた。

 大谷選手には、ヤンキースなどで活躍したアレックス・ロドリゲスさんが推薦文を寄せ、「彼は現代のバンビーノ(『野球の神様』と呼ばれたベーブ・ルースの愛称)だ」と指摘。「だがベーブ・ルースでさえ、20個以上の盗塁、40本以上のホームラン、球速160キロの投球を一つのシーズンで成し遂げたことはない。ただショウヘイだけができる」と称賛した。

 同誌はまた、大坂選手について、マスクの着用を通じた反差別運動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切だ)」への参加や、メンタルヘルス問題に苦しんでいることを正直に明らかにした経緯を紹介。「時に社会を変えられる影響力を持つ人がいる。大坂なおみはその力を持っている」と評した。(ニューヨーク時事)