世界日報 Web版

台湾国防部、一般道で戦闘機の離着陸訓練を実施


蔡英文総統が視察し軍人らを慰労「空軍の自信を示す」

台湾国防部、一般道で戦闘機の離着陸訓練を実施

15日、台湾南部・屏東県の一般道で実施された空軍機の離着陸訓練で動員された主力戦闘機F16(国防部提供・時事)

 台湾国防部(国防省)は15日午前、定例の実弾軍事演習「漢光演習」の一環で、空軍機の離着陸訓練を実施した。空軍基地の滑走路が中国軍によって破壊された場合などを想定し、南部・屏東県の一般道で行われた。蔡英文総統が視察し、訓練に参加した軍人らを慰労した。

 台湾周辺では、中国軍が軍事活動を一段と活発化させており、台湾軍は防衛に向けた決意を内外に誇示した格好だ。

 空軍の主力戦闘機F16や経国号(IDF)、ミラージュ、早期警戒機E2の4機を動員。道路に着陸した後、燃料を補給し、再び離陸する訓練を実施した。蔡氏は「領空防衛に対する空軍の自信が示された。皆で国軍に喝采を送ろう」とフェイスブックに投稿した。漢光演習は13日に始まり、17日まで行われる。(台北時事)