世界日報 Web版

千代田区の歩道にタクシー突っ込む、女性死亡


千代田区役所前で追突、運転手は重体、女児ら4人がけが

千代田区の歩道にタクシー突っ込む、女性死亡

歩道に突っ込んだタクシー=11日午後6時12分、東京都千代田区

 11日午後4時20分ごろ、東京都千代田区九段南の千代田区役所前で、通行人の男性から「タクシーに人がはねられた」と110番があった。警視庁麹町署によると、60代男性が運転する個人タクシーが歩道に突っ込み、歩行者の70代女性の死亡が確認された。男性は意識不明の重体となり、女児(9)ら4人がけがをした。

 同署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で、事故の詳しい状況や原因を調べる。

 同署によると、現場は片側2車線の都道。タクシーは交差点で信号待ちをしていたが、青信号になっても動かず、後続の車からクラクションを鳴らされて発進した。

 約50メートル先で自転車の40代男性と女児の親子に追突。さらに約50メートル走行後、歩道でタクシー待ちをしていた60代女性と死亡した女性をはね、街路樹に衝突して止まった。死亡した女性は約20メートル飛ばされたという。

 自転車の親子と60代女性が軽傷、タクシーの乗客の30代男性が重傷を負った。