世界日報 Web版

森保Jが最終予選初勝利、積極性で窮地を打開


オマーン戦から明確に変化、中国に1-0で良薬の初白星

森保Jが最終予選初勝利、積極性で窮地を打開

サッカーW杯予選。中国戦に臨む日本先発イレブン=7日、ドーハ(日本サッカー協会提供)

森保Jが最終予選初勝利、積極性で窮地を打開

中国戦の前半、先制ゴールを決める大迫(手前)=7日、ドーハ(日本サッカー協会提供)

 初戦を落とした日本に求められたのは勝利だけ。「勝ち点3は取れたが、物足りないところもあった」。吉田主将の言葉が、試合を振り返る上でしっくりくる。連敗という最悪の事態は免れた。

 低調に終わったオマーン戦から、明らかな変化が見られた。移動を含め中4日だったが「準備期間の長さはあったし、練習で落とし込めたところもある」と柴崎。体調面にも問題があった初戦から先発4人を入れ替え、パス回しのテンポは上がり、連係も滑らかに。特に効果的だったのがトップ下で先発に抜てきされた久保。予想外の5バックで分厚く守る相手の中央を敢然と突く。その積極性が先制点の布石になった。

 前半40分。今度は外から揺さぶった。相手と1対1の状況で、快足の伊東がスペースの生まれた右サイドを突破。大迫がクロスに脚を伸ばし、「決めるべき時に決めようと心掛けていた」。中央の崩しが足りず、単調なサイド攻撃に終始した初戦の反省が生かされた。

 連敗なら窮地に追い込まれた。球際の激しさを取り戻した一方で、決定力や細かい連係面を含めた攻撃の精度には課題を残すが、白星は良薬になるはず。吉田は「残りの8試合全勝を目指す」。険しいW杯への道を見据えた。(ドーハ時事)

 日本・森保監督 チームとして練習の時からいいエネルギーをつくって試合に臨んでくれた。相手が予想した形と違ったが、ハードワークと賢さを持って勝利してくれた。(時事)