世界日報 Web版

ビットコイン、中米エルサルバドルで法定通貨に


世界初の試みに反対派多数、激しい価格変動に不安の声も

ビットコイン、中米エルサルバドルで法定通貨に

エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化に反対するデモに参加した女性=7日、サンサルバドル(AFP時事)

 中米エルサルバドルで7日、代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)を法定通貨にする法律が発効した。BTCの法定通貨化は世界初。ただ、取引に使う公式アプリが、米アップルやグーグルが運営する配信サイトでダウンロードできないなどのトラブルが発生。価格変動が激しいBTCの使用を不安視する声も上がっている。

 「われわれは歴史をつくる」。エルサルバドルのブケレ大統領はツイッターへの投稿で、世界に先駆けた取り組みを誇るとともに、政府として550BTC(日本時間8日午前時点で約28億円相当)を保有していると明らかにした。法定通貨化に伴い、同国では買い物や給与支払い、税金納付にもBTCを利用できるようになった。同じく法定通貨である米ドルの使用も継続する。

 政府は、BTCとドルを交換する「現金自動預払機(ATM)」を配備。公式アプリ取得者に30ドル(約3300円)相当のBTCを付与する計画も打ち出した。ただ、初日に公式アプリの配信に対応したのは中国の華為技術(ファーウェイ)だけで、出だしからつまずく格好となった。

 米メディアによると、現地の世論調査では65%以上がBTCの導入を望まず、80%が信用できないと回答。BTCで年金を給付しないよう求めるデモも起きた。小売店などからは準備が整っていないとの声も出ているという。(ニューヨーク時事)