世界日報 Web版

熱戦に思いさまざま、選手の言葉で振り返る


「死ぬまで成長できる」「スポーツの力を再認識できた」

熱戦に思いさまざま、選手の言葉で振り返る

閉会式会場に入る日本の選手=5日、国立競技場

 新型コロナ下で技を磨いた苦難の1年。力の限り戦った選手の言葉で東京パラを振り返る。

◇ パパ、私もカッパに

 山田美幸(競泳女子。日本最年少メダル)

 パパが「自分も小さい頃はカッパだったんだよ」と言っていた。私もカッパになったよ、と伝えたい。

◇ 死ぬまで成長

 鈴木孝幸(競泳男子。全5種目でメダル)

死ぬまで成長できると思って、いろいろなことに挑戦したい。

◇ 全てを費やした

 国枝慎吾(車いすテニス男子シングルス金)

この日のために全てを費やしてきた。報われてよかった。

◇ 仲間がいて輝ける

 道下美里(陸上女子マラソン金)

私は視覚障害があるが、周りの仲間がいるから輝ける。

◇ クラスがどうであれ

 伊藤智也(陸上男子車いす、大会直前にクラス変更)

クラスがどうであれ、スタートラインに就いた時の気持ちは常に一緒。

◇ 世界中に広がって

 杉村英孝(ボッチャ個人金)

ボッチャは障害のあるなしにかかわらず、みんなが楽しめる。世界中に広がってもらいたい。

◇ 悠さんがそばに

 広瀬順子(柔道女子57キロ級5位。夫の悠とともに出場)

落ち込みそうな時も、1年延期になって練習したくない時も、ずっと悠さんがそばにいた。明るく、楽しい柔道ができるように持っていってくれた。

◇ 厳しさ感じた

 瀬立モニカ(カヌー女子)

これだけやってもメダルは取れない。パラの厳しさを改めて感じた。

◇ この年で伸びしろ

 杉浦佳子(自転車女子、50歳で日本最年長金)

この年でもまだまだ伸びしろがあると言って、指導する気になったコーチがすごいと思う。

◇ 単複で初代女王

 里見紗李奈(バドミントン女子車いすで2冠)

単複で初代女王になるのを目標にしてきた。実現して自信になるし、うれしい。

◇ スポーツの力再認識

 谷真海(トライアスロン女子、大会招致に貢献)

メダルとは縁がなかったが、それ以上の大きな宝物を得た。スポーツの力を再認識することができた。

◇ パリの舞台で

 欠端瑛子(ゴールボール女子銅)

決勝に行けなくて悔しさはあったが、メダルは持って帰ろうという気持ちだった。パリ大会の舞台で勝ちたい。