世界日報 Web版

電動スケーター、「密」なく人気も事故相次ぐ


ルール守らない利用者、規制緩和の動きも安全性が課題に

電動スケーター、「密」なく人気も事故相次ぐ

シェアリングサービスに使われる電動キックスケーター=4月、東京都渋谷区

 若者を中心に人気が広がる「電動キックスケーター」。新型コロナウイルス感染拡大が続く中、「密」を避ける移動手段としても注目を集める。道交法上は原付きバイクに分類され、車道を走らなければならないが、国は規制緩和に向け実証実験を実施。ただ、ルールを守らない利用者による事故が相次いでおり、安全性が課題だ。

 経済産業省によると、電動スケーターのシェアリング事業者6社が同省の認定を受け、10月まで福島、長野、兵庫、福岡などの一部公道で実証実験を行っている。実験では時速15キロ以下の条件で、ヘルメットなしで自転車レーンも走行できる。

 6社のうち、「mobby ride」(福岡市中央区)の事業責任者安宅秀一さんは「自転車に近い感覚」と訴え、同じ交通ルールを適用するよう求める。

 一方、電動スケーターの事故は急増している。警視庁は昨年7月から統計を取り始め、同12月までに東京都内で3件の事故を確認。今年は、今月2日までに計39件の事故があった。

 利用者のルール違反も目立つ。大阪市では5月、電動スケーターに乗った男が歩道にいた女性をはねて逃走し、道交法違反(ひき逃げ)容疑などで逮捕された。都内では6月、新宿区の女(23)が信号無視で交差点に進入して人身事故を起こし、警視庁は自動車運転処罰法違反(無免許危険運転致傷)容疑で書類送検した。

 福岡県警によると、実証実験が行われている福岡市中央区では7月末までに、計18件の交通違反が確認されている。最も多いのは歩道通行(13件)で、違反者は「ヘルメットがなく、怖くなって歩道を通行した」などと話しているという。

 交通経済研究所副主任研究員の永瀬雄一さんは電動スケーターについて、「新しい移動手段で、運転免許の教習でも教えておらず、交通ルールや規制の認知が追いついていない」と指摘。「利用者、(車などの)ドライバー、歩行者が決まったルールを認識し、安全性を確保していくことが重要だ」と話している。