世界日報 Web版

主将大山悠輔が打線けん引、3安打3打点の活躍


阪神の眠っていた打線が爆発、逆転勝ちで巨人に先勝

主将大山悠輔が打線けん引、3安打3打点の活躍

7回、同点の2点適時二塁打を放つ阪神の大山=3日、甲子園

 眠っていた打線に、火を付けて爆発させた。首位巨人との3連戦初戦を逆転勝ちで制した阪神。甲子園を包んだ大歓声の中心に、主将の7番大山がいた。

 まずは六回の第2打席で、チーム初安打となる中前打。第1打席では3球空振りしたフォークを追い込まれてから打ち返し、「何とかしないといけない、と食らいついた」。続く代打糸井の二塁打で一気に生還。五回まで1人も走者を出せなかった重苦しい空気を振り払った。

 続く七回は1死満塁。「打つだけしかない」と集中力を高め、初球を振り抜き三塁線を破った。2人をかえす同点二塁打。「ベンチもファンの皆さんも喜んでいる姿が見えた」。二塁ベース上で誇らしげに左手を挙げた。八回にも適時打を放ち3安打3打点。先月末にはスタメン落ちもあったほどの不振の中、早出の打撃練習などで必死にもがき、決勝打を放った1日の中日戦に続く殊勲を挙げた。

 矢野監督は「まだ悠輔らしいとまではいかない」と厳しいが、それは高い期待の裏返し。不動の1番の近本を3番で起用するなど、中軸が固定できない現状を抜け出すには、主砲がさらに調子を上げて定位置の4番に戻ってくることが欠かせない。