世界日報 Web版

降水観測衛星搭載H2Aロケット、打ち上げ成功


GPM計画中心、大雨・大雪防災に期待

降水観測衛星搭載H2Aロケット、打ち上げ成功

日米の降水観測衛星を搭載し、打ち上げられたH2Aロケット23号機=28日未明、鹿児島県・種子島宇宙センター

 大雨や大雪の防災に役立つ日米の降水観測衛星を搭載したH2Aロケット23号機が28日午前3時37分、鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられた。降水観測衛星は約16分後に高度約400キロの地球周回軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 降水観測衛星は「全球降水観測(GPM)計画」の主衛星。日米欧などが運用中の衛星十数基の観測データと合わせ、地球全体の雨や雪の状況が約3時間で分かる。データは半年後から世界に公開され、天気予報の精度向上をはじめ台風や集中豪雨、干ばつなどの防災、気候変動の解明に貢献が期待される。