世界日報 Web版

大阪府、開業医がコロナの自宅療養者を往診


大阪府医師会と連携、複数の診療所でチームを組み往診へ

大阪府、開業医がコロナの自宅療養者を往診

記者会見した大阪府の吉村洋文知事(左)と府医師会の茂松茂人会長=2日午後、府庁

 大阪府医師会の茂松茂人会長は2日、府庁で記者会見し、同会加盟の開業医が新型コロナウイルスの自宅療養者を往診する体制を発表した。複数の診療所でチームを組み、平日昼間に患者の自宅に行き診察する。まずは大阪市内の診療所6カ所でつくる1チームが近く往診を始める。

 チーム内には保健所との連絡調整などを担う「基幹診療所」を1カ所設置。自宅療養者から容体悪化の相談を受けた保健所が基幹診療所へ往診を依頼する。府はチームを構成する診療所1カ所当たり最大30万円を交付する。

 これまで自宅療養者には、医師会加盟の医療機関によるオンライン診療や、訪問看護師の健康観察などが行われていた。府は往診体制の構築を要請していたが、医師会は「負担が大きい」と慎重姿勢だった。

 府内では今月1日に新規感染者数が初めて3000人を超え、自宅療養者は1万8000人に上る。茂松会長は「自宅療養で不安な市民、府民を安心させたい」と強調。会見に同席した吉村洋文知事は「自宅療養者が医療にアクセスしやすくなる」と期待を述べた。