世界日報 Web版

新1万円札の印刷が開始、24年度上半期お目見え


新しい肖像に渋沢栄一、最先端の偽造防止技術を導入

新1万円札の印刷が開始、24年度上半期お目見え

印刷開始式で新1万円札を紹介する麻生太郎財務相(右)と日銀の黒田東彦総裁=1日午後、東京都北区の国立印刷局東京工場(国立印刷局提供)

 2024年度上半期から流通する新1万円札の印刷が1日、始まった。新しい肖像には、日本の資本主義の礎を築いた渋沢栄一を採用。傾けると肖像画が立体的に浮かび上がるホログラムなど最先端の偽造防止技術が導入されている。

 国立印刷局東京工場(東京都北区)で式典が開かれ、麻生太郎財務相と日銀の黒田東彦総裁が新1万円札の出来栄えを確かめた。麻生氏は終了後、記者団に対し「世界最先端の偽造防止技術を駆使し、今の時代にふさわしいデザインになったと自負している」と強調した。

 新紙幣の肖像は、5千円札が女性教育を推進した津田梅子、千円札は日本近代医学の先駆者である北里柴三郎。印刷は来年夏ごろから本格化する。刷新は現紙幣の流通が始まった04年以来、20年ぶりとなる。

 一方、今年6月に造幣局で製造が始まった新500円硬貨は11月をめどに流通が始まる。