世界日報 Web版

都内高3女子の遺体遺棄容疑で20代夫婦を逮捕


夫「2年前にSNSで知り合った」、殺害についても示唆

都内高3女子の遺体遺棄容疑で20代夫婦を逮捕

警視庁向島署に入る小森章平容疑者(左)=31日午前、東京都墨田区

都内高3女子の遺体遺棄容疑で20代夫婦を逮捕

警視庁向島署に入る小森章平容疑者(左)=31日午前、東京都墨田区

都内高3女子の遺体遺棄容疑で20代夫婦を逮捕

女子高校生遺棄事件

 東京都墨田区に住む高校3年の鷲野花夏さん(18)の遺体を山梨県内に遺棄したとして、警視庁向島署捜査本部は31日、死体遺棄容疑で、いずれも職業不詳の小森章平(27)、妻和美(28)両容疑者=群馬県渋川市渋川=を逮捕した。2人は容疑を認め、殺害についてもほのめかしているという。

 捜査関係者によると、章平容疑者は「(鷲野さんとは)2年前にSNSで知り合った」「3人で話をすることになっていた」などと供述しており、捜査本部は事件の詳しい経緯を調べている。

 鷲野さんは28日午後3時半ごろ、「友人に会いに行く」と母親に言い残し外出。夜になっても帰宅しなかったため、家族が警視庁向島署に「娘が帰ってこない」と110番した。同庁が調べたところ、墨田区内の防犯カメラに、鷲野さんが自ら両容疑者の車に乗り込む様子が映っていた。

 捜査関係者によると、30日午後7時20分ごろ、両容疑者が長野県辰野町の中央自動車道辰野パーキングエリアで車を止めたところを職務質問。「(鷲野さんの)遺体を置いた」などと話したことから、供述に基づき山梨県早川町内を捜索した結果、31日午前2時ごろに物置小屋の中から遺体を発見した。

 鷲野さんはこの小屋で殺害されたとみられ、背中に刺された傷や頸部(けいぶ)に圧迫されたような痕があった。小屋は南京錠で施錠されており、捜査本部は両容疑者が事件発覚を遅らせるために鍵を掛けたとみている。

 逮捕容疑は30日ごろ、この小屋内に鷲野さんの遺体を遺棄した疑い。