世界日報 Web版

バイデン大統領、米兵のひつぎを出迎え悼む


アフガンテロ犠牲の13人、ドーバー空軍基地に搬送

バイデン大統領、米兵のひつぎを出迎え悼む

29日、米デラウェア州のドーバー空軍基地で、米兵のひつぎを出迎えるバイデン大統領(前列左)とジル夫人(同中央)、オースティン国防長官(AFP時事)

 アフガニスタンの自爆テロで犠牲となった米兵13人のひつぎが29日、米東部デラウェア州のドーバー空軍基地に搬送された。バイデン大統領はジル夫人と出迎え、命を落とした兵士を悼んだ。

 バイデン氏が国外作戦中に死亡した兵士の帰還に立ち会うのは大統領就任後初めて。(ワシントン時事)