世界日報 Web版

「尊敬される横綱に」西横綱の照ノ富士が決意


序二段から不屈の思いで復活、秋場所の新番付が発表

「尊敬される横綱に」西横綱の照ノ富士が決意

新横綱として臨む秋場所、記者会見する照ノ富士=30日午前、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋(日本相撲協会提供)

 新横綱の照ノ富士は30日午前、リモートで記者会見し、「土俵の上でも下でも存在感があって、尊敬される横綱になりたい」と決意を新たにした。

 両膝のけがや内臓疾患などで序二段まで番付を下げたが、「一日一日を必死にやってきた」と不屈の思いで復活を遂げ、念願の番付最高位にたどり着いた。「頑張ってきた日々を神様が見てくれたのかな」との言葉に実感がこもる。

 7月の名古屋場所千秋楽では、同じモンゴル出身の白鵬との14戦全勝相星決戦で敗れた。「角界に入る道を開いてくれた先輩」と語りながらも、「勝って恩返ししたい」ときっぱり述べた。

 2場所ぶりの優勝を目指す秋場所。「自分のできることを精いっぱい準備して、土俵の上で出していければいい」。そう話す表情に気負いは感じられなかった。