世界日報 Web版

9人が犠牲、高齢者グループホーム入所者を追悼


岩手豪雨災害から5年、「さらに防災意識を高めたい」

9人が犠牲、高齢者グループホーム入所者を追悼

台風10号による豪雨災害で9人が犠牲になった高齢者グループホーム「楽ん楽ん」跡地で手を合わせる医療法人の職員ら=30日午前、岩手県岩泉町

 岩手県などで大きな被害を出した2016年の台風10号による豪雨災害で、発生から5年となった30日、入所者9人が亡くなった同県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」跡地に祭壇が設けられ、施設を運営していた医療法人「緑川会」の職員らが犠牲者を追悼した。

 手を合わせた同法人総務部長の三上昇勝さん(50)は「犠牲になられた方に本当に申し訳なかった。これからもさらに気を引き締めて防災の意識を高めていきたい」と話した。同法人では、入所者らの避難訓練や、職員による防災士の資格取得など、教訓を受け継いで災害に備える取り組みを継続しているという。

 施設では、近くを流れる川が氾濫、土砂が流れ込み、当時入所していた全員が犠牲になった。10号は同県大船渡市付近から上陸。県内では関連死を含め28人が犠牲になった。