世界日報 Web版

化粧品業界、コロナ下でお試しも「非接触」で


商品提案やシュミレーションなど、デジタル化が後押し

化粧品業界、コロナ下でお試しも「非接触」で

コーセーが旗艦店で提供する「メイクアップシュミレーター」=6日、東京・銀座

化粧品業界、コロナ下でお試しも「非接触」で

資生堂のブランド「SHISEIDO」が新たに導入した肌測定の機器=6月23日、東京・銀座

 化粧品業界で、肌に直接付けたり触れたりしない「非接触」のサービスが増えている。資生堂は7月から主力のブランド「SHISEIDO」で、撮影するだけで肌の状態を測定する機器を本格的に導入した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う衛生意識の高まりで非接触へのニーズが強まったことに加え、デジタル化が「買う前に試す」というこれまでの常識に変化をもたらしている。

 資生堂の新たなサービスは百貨店中心に50店舗以上で展開。これまでは測定機器を肌に直接当てていたが、今回は顔全体を撮影するだけ。数十秒で肌の透明感や張りなどを指標化し、悩み別に商品も提案する。コロナ禍の下で開発が加速したといい、担当者は「店舗ならではの楽しみを体験してもらいたい」と話す。

 各社が進めてきた化粧品事業のデジタル化も、「非接触」が重視されるコロナ下の衛生対策を後押しする。花王はメークブランド「KATE(ケイト)」で、仕上がりをスマートフォン画面で確認できる店頭サンプルを設置した。拡張現実(AR)を活用し、サンプルの2次元コードを読み取ると付けた時の印象を動く画像で見ることができるのが特徴。他のブランドでも色味や質感を体感できるようなデジタルコンテンツを拡充している。

 コーセーは東京・銀座の旗艦店で、ブランド横断で口紅や眉墨などを自分の顔で擬似的に試せる「メイクアップシュミレーター」を提供している。デジタル技術を使っていつもと違う化粧にも挑戦できるサービスだが、「直接付けずに試せることから顧客の安心感にもつながっている」(同社)という。