世界日報 Web版

「#赤ちゃんに触らないで」感染恐れ母呼び掛け


ツイッターの投稿が反響、本人や親に事前に尋ねるべき

「#赤ちゃんに触らないで」感染恐れ母呼び掛け

ベビーカーを押して街中を歩く親子(dpa時事)

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ツイッター上で「#いきなり赤ちゃんに触らないで」とハッシュタグを付けた投稿が反響を呼んでいる。見知らぬ人に突然子供を触られる不安を訴えたもので、投稿した女性は「コロナをうつされないか心配だが、あやすつもりで触られるので断りにくい」と困惑している。

 投稿したのは生後11カ月の長男を育てる大阪府の女性(41)。15日に「外出時に断りもなく赤ちゃんに触ってくる人がいます。コロナ禍では感染のリスクがあるためやめてほしいです」と書き込むと、7000回以上リツイート(転載)された。「赤ちゃんの手を握られた」「マスクをせずに顔を近づけられた」など同様の経験を訴える声も相次いだ。

 女性によると、自宅付近の路上などでベビーカーを押している時に、主に高齢者から子供の手足を触られることが多いという。「かわいいと言われるのはうれしいが感染が怖い。後で除菌シートで拭いたりしている」と苦悩を語る。子育て中の友人らも同じ悩みを抱えていることが分かり、ツイッターで呼び掛けた。

 兵庫県立こども病院感染症内科の笠井正志部長は「飛沫(ひまつ)感染防止のためマスク着用は確認すべきだ」としつつ、「短時間触るだけであれば感染のリスクは極めて低い。心配し過ぎないで」と訴える。ただ、「親の不安には寄り添わないと」と話し、「小児科医でさえ、子供に触るときは本人や親に許可を取る。事前に尋ねるのがマナーだろう」と苦言を呈した。