世界日報 Web版

智弁学園の小畠一心、甲子園の浜風を味方に


完投に決勝3ラン、大活躍で初の夏4強の壁突破に貢献

智弁学園の小畠一心、甲子園の浜風を味方に

4回表智弁学園2死一、二塁、先制の3点本塁打を放つ小畠(右)=28日、甲子園

 味方がスクイズを失敗した後の四回の打席。2死一、二塁で8番小畠が打ち上げた飛球は甲子園特有の浜風に乗る。「おお、いくんかな」。ベンチがどよめいた打球はギリギリで左翼席に届く先制3ランに。本人も「まさか(柵を)越えるとは」と驚く一発で、自らの投球も波に乗った。

 強い浜風が打球を押し戻すことを計算に入れ、「中堅や右翼にフライを打たせれば、(中堅手の)森田の守備範囲なら捕ってくれる」。要所で狙い通りに京都国際の打者を打ち取った。五回1死三塁での金田の大きな当たりは森田がフェンスにぶつかりながら捕球。犠飛にはなったが最少失点でしのぎ、3-1の八回2死一塁では武田にバックスクリーン方向へ大飛球を打たれたが、これも森田のグラブにしっかりと収まった。

 投げては1失点完投、打っては決勝3ラン。背番号10の小畠が躍動し、チームは初めて夏4強の壁を突破した。

 決勝は系列校で夏2度の優勝を誇る智弁和歌山との大一番。エース西村を休ませた小畠は「智弁学園としては負けられない。全員で力を合わせてやっていきたい」。連投となっても思い切り腕を振るつもりだ。