世界日報 Web版

厚労省、モデルナ製ワクチンに異物の混入を確認


金属片か、160万回分接種を中止、健康被害の報告はなし

厚労省、モデルナ製ワクチンに異物の混入を確認

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン=6月14日、東京都大田区

 厚生労働省は26日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物の混入が確認されたとして、同じ製造番号などの計約163万回分の使用を見合わせると発表した。これらの一部は既に接種されたが、健康被害の報告はないという。

 厚労省によると、東京都と茨城、埼玉、愛知、岐阜各県にある計8カ所の接種会場で16日以降、容器計39本から異物が見つかったと報告があった。異物は大きいもので数ミリ程度で、モデルナ社が詳しい成分と混入の経緯を調べている。同省幹部によると、磁石に反応することから金属物質とみられるという。

 混入が報告されたのは、いずれも製造番号が「3004667」の製品(計約57万回分)。厚労省は同時期に同じ工場で製造された「3004734」「3004956」の計約106万回分とともに、使用の見合わせを決めた。日本向けのモデルナ製ワクチンは、全てスペインのロビ社が製造している。

 混入報告のあったワクチンは使用前に異物が見つかっており、接種を受けた人はいなかった。一方、これらの製造番号のワクチンは一部が既に使用された。接種された人はワクチン接種済み証に記載された製造番号で確認できる。

 厚労省はこのワクチンは筋肉に打つため、血管が異物で詰まるリスクはないとした上で、接種した人で体調に異変がある場合は医師に相談するよう求めている。

 モデルナ製は主に防衛省の大規模接種センターや都道府県と政令市の大規模会場、職域接種で使われている。対象の約163万回分は全国計863カ所の接種会場に納入されており、同省は使用しないよう求めた。これを受け自治体や企業などでは26日、接種の一時中断が相次いだ。