世界日報 Web版

横浜DeNAの牧秀悟、1年目で球史に名を刻む


技術も見せサイクル安打を達成、阪神ファンからも拍手

横浜DeNAの牧秀悟、1年目で球史に名を刻む

横浜DeNAの牧秀悟

 右翼線ぎりぎりに打球が落ちたのを確認すると、DeNAの牧は迷わず二塁を蹴った。「これはいけると思った。全力疾走で三塁打になってよかった」。到達した三塁でガッツポーズ。史上初の新人でのサイクル安打達成に、笑みがこぼれた。

 二回に右翼フェンス直撃の二塁打を放ち、三回は初球を捉えて右中間へ3ラン。チームが4試合で3敗と苦手にしていた阪神の伊藤将を打ち崩すと、四回の2点中前打で、早々と王手をかけた。六回は力んで捕邪飛に倒れたが、九回に回ってきた打席で記録達成。「長いプロ野球の歴史の中で名誉あることができてうれしい」。快記録達成に阪神ファンからも拍手が送られた。

 長打はいずれも逆方向。高い技術も見せつけ、「すごく自分の理想とする打撃ができた」。三浦監督も「右方向にも飛距離が出るのが牧の強み。頼もしい」とたたえた。

 後半戦はスタメンを外れることも増えたが「使ってくれるときは思い切って結果を残したい」。強い意気込みは、十分過ぎるほど伝わった。