世界日報 Web版

無限の可能性を示す祭典に、選手が健闘を誓う


「感謝の気持ち胸に」「最後まで笑顔で」、コメントを紹介

無限の可能性を示す祭典に、選手が健闘を誓う

開会式に登場したパラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」=24日、国立競技場

無限の可能性を示す祭典に、選手が健闘を誓う

開会式で披露されたアトラクション=24日、国立競技場

無限の可能性を示す祭典に、選手が健闘を誓う

東京パラリンピックの開会式で披露されたアトラクション=24日、国立競技場(AFP時事)

無限の可能性を示す祭典に、選手が健闘を誓う

開会式で選手宣誓する国枝慎吾(右から2人目)ら=24日、国立競技場

無限の可能性を示す祭典に、選手が健闘を誓う

開会式で入場する日本国旗=24日、国立競技場(EPA時事)

無限の可能性を示す祭典に、選手が健闘を誓う

開会式で掲揚された日本国旗=24日、国立競技場(時事通信社)

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下で24日、障害者スポーツの祭典の幕が上がった。さまざまな困難と限界に挑戦し、晴れ舞台に立った選手ら。その活躍はスポーツの枠を超え、無限の可能性を示す。ほぼ無観客の競技場で共生社会を育むための大会が始まる。

 東京パラリンピック開幕の24日、日本パラリンピック委員会が発表した代表選手のコメントから、意気込みや健闘を誓う言葉を集めた。

◇ 感謝の気持ち胸に

佐藤友祈(陸上)
 感謝の気持ちを胸に宿していく。世界記録を更新しての金メダル獲得を2種目で達成する。

◇ 強くなった走りを

道下美里(陸上)
 (リオデジャネイロで2位の)表彰台で涙を流した5年前。あの時より強くなったと実感できる走りをする。

◇ 全力で戦う

木村敬一(競泳)
 これまで獲得できていない金メダルに向けて、全力で戦う。

◇ 最後まで笑顔で

里見紗李奈(バドミントン)
 最後まで笑顔で。単複ともに必ず金メダルを獲得し初代女王になる。

◇ 自分と仲間信じて

杉村英孝(ボッチャ)
 自分を信じて、仲間を信じて、最終エンドまで全力で戦い抜く。

◇ 感動と感謝を

浦田理恵(ゴールボール)
 日本人の強みでもあるチームワークを発揮し、感動と感謝を届けられるようベストを尽くす。

◇ 旗手にふさわしく

岩渕幸洋(卓球)
 旗手にふさわしいパフォーマンスができるよう、さまざまな人から頂いたパワーを糧に頑張る。

◇ 後悔ないように

池崎大輔(車いすラグビー)
 後悔のないようハードワーク。

◇ 自分のプレーを

上地結衣(車いすテニス)
 精いっぱい自分のプレーを出し切って、金メダル獲得を目指す。

◇ 一致団結して

網本麻里(車いすバスケット)
 一致団結して自分たちの目標に向かって、応援していただいている皆さんに感謝の気持ちを込めて戦う。