世界日報 Web版

ハリケーン「アンリ」、米北東部上陸で豪雨に


熱帯暴風雨に弱まった後に上陸、各地で14万戸以上停電

ハリケーン「アンリ」、米北東部上陸で豪雨に

22日、米東部ニュージャージー州ヘルメッタの熱帯暴風雨「アンリ」の被災地で、避難できていない住民がいないか捜す救助隊員たち(AFP時事)

 米北東部に接近していたハリケーン「アンリ」は22日、勢力が熱帯暴風雨に弱まった後に東部ロードアイランド州に上陸した。各地で豪雨となり、同州などの14万戸以上で停電が発生した。米メディアが報じた。

 アンリはコネティカット、マサチューセッツ両州などを通って北上後、大西洋に抜ける見通しで、北東部の降雨は23日も続くと予想されている。

 ニューヨーク市マンハッタンのセントラルパークでは21日深夜に1時間の降水量としては観測史上最多の約49ミリを記録。セントラルパークでは21日夕、コロナ禍からの市の復興を祝うコンサートが行われていたが、途中で中止になった。

 公演を中断した歌手バリー・マニロウさんはこの後、CNNテレビに電話出演し、中断について「小雨が降りだすのは見たけれど、ここまでになるとは思わなかった」と振り返った。続けて「悲しみをこえて(アイ・メイド・イット・スルー・ザ・レイン)」を電話越しで歌った。(ニューヨーク時事)