世界日報 Web版

蔡総統がワクチン接種、地元企業開発の「国産」


接種の様子を生中継「とても元気」、安全性をアピール

蔡総統がワクチン接種、地元企業開発の「国産」

台湾企業が開発した新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける台湾の蔡英文総統=23日午前、台北(総統府提供・時事)

 台湾の蔡英文総統は23日午前、台北で新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた。蔡氏が接種を受けたのは初めて。23日から市民への接種がスタートしたばかりの台湾企業が開発したワクチンで、初日に率先して接種を受け「国産ワクチン」の安全性をアピールした格好だ。

 総統府はフェイスブックを通じ、蔡氏が接種を受ける様子を生中継。蔡氏は報道陣から感想を聞かれると、親指を立てるなどジェスチャーで応じた。フェイスブックへの投稿では「痛みはなく、とても元気だ」と報告。「台湾の集団免疫力を高めるため、みんなで力を尽くしましょう」と呼び掛けた。

 台湾は外国製ワクチンの納入遅延で、接種が遅れていたが、日米などからの供与もあって加速。1回目のワクチンを打った人の割合は約4割に高まった。(台北時事)