世界日報 Web版

将棋・叡王戦、豊島将之二冠が勝ち最終局へ


危なげなく勝利、藤井聡太二冠との勝負は2勝2敗のタイ

将棋・叡王戦、豊島将之二冠が勝ち最終局へ

将棋の第6期叡王戦5番勝負の第4局に勝利した豊島将之叡王(左)と敗れた藤井聡太二冠=22日、名古屋市(日本将棋連盟提供)

 将棋の豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=に藤井聡太二冠(19)=王位、棋聖=が挑戦する第6期叡王戦5番勝負の第4局が22日、名古屋市内で指され、先手の豊島二冠が91手で勝ち、2勝2敗のタイとした。最終の第5局は9月13日に東京都内で指される。

 藤井二冠が勝てば叡王を奪取し、史上最年少の三冠達成という一戦だったが、豊島二冠が中盤から徐々に優位を拡大し、危なげなく押し切った。終局後、豊島二冠は「何とか追いついた。次は最終局なので悔いがないように指せたらと思う」と話した。一方、藤井二冠は「完敗だったので最終局は精いっぱい戦いたい」と語った。

 叡王戦と並行して行われている王位戦7番勝負は、藤井二冠が3勝1敗と防衛に王手をかけており、24、25日に徳島市内で第5局が指される。