世界日報 Web版

小池都知事、渋谷の酸素ステーションを視察


23日から運用、自宅療養者の酸素投与や健康観察を行う

小池都知事、渋谷の酸素ステーションを視察

自宅療養中の新型コロナウイルス患者が酸素投与を受けられるよう、東京都渋谷区に整備された「酸素ステーション」。23日の運用開始を前に報道陣に公開され、小池百合子知事(右端)も処置のデモンストレーションを視察した=21日午後

 

 東京都の小池百合子知事は21日、新型コロナウイルス感染者のうち、酸素投与が必要となった自宅療養者を受け入れるため、渋谷区に整備した「酸素ステーション」を視察した。23日からの運用開始を前に、看護師が患者役の人に酸素投与を行う場面を公開。小池知事は記者団に「感染が広がる中、できるだけ多くの方に安心して療養をしていただくための施設だ」と強調した。

 同施設は、自宅療養者で救急搬送を要請したものの、救急隊が症状が軽いと判断した患者を最大130人受け入れることが可能。24時間体制で医師3人程度と看護師25人程度が常駐し、酸素投与や健康観察を行う。

 都によると、最大2泊3日程度の受け入れ期間を想定。医師が入退所の判断を行い、必要に応じて病院に搬送する。都内の自宅療養者数は20日時点で2万6297人に上っている。