世界日報 Web版

「みろく―終わりの彼方 弥勒の世界―」展


弥勒の道をたどる、藝大大学美術館で来月11日から開催

「みろく―終わりの彼方 弥勒の世界―」展

バーミヤンE窟仏龕及び天井壁画《青の弥勒》想定復元(2021年)(©東京藝術大学COI拠点)

 東京藝術大学大学美術館(東京都台東区)で9月11日から10月10日まで、「みろく-終わりの彼方 弥勒の世界-」展(主催:東京藝術大学ほか)を開催される。同展は、バーミヤン(アフガニスタン)からシルクロードを経て日本へと続く“弥勒の道”をたどる国内初の展覧会となっている。

 2001年にタリバンによって破壊されたバーミヤンE窟仏龕(ぶつがん)及び天井壁画『青の弥勒』を同展のためにスーパークローン文化財の技術で復元制作し、初公開する。その他、藝大が所蔵する『弥勒三尊像』や『弥勒来迎図』の模写など弥勒に関する絵画作品なども展示する。

 9月21日には、オンラインによる国際シンポジウムも開催予定。ただ今後の状況によっては、入場制限などを実施する可能性がある。入館料は、一般当日1000円。大学生当日700円。高校生以下18歳未満、障がい者手帳持参者(介護者1人を含む)は無料。開館時間は10時から17時まで。問い合わせは、(電)050(5541)8600。