世界日報 Web版

英で大ヒット、コロナ禍の中生まれたコメディー


ドラマ「ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!」

英で大ヒット、コロナ禍の中生まれたコメディー

完全オンライン収録に挑んだマイケル・シーン(写真左)とデヴィッド・テナント ©Staged Films Limited MMXXI】

 英国で大ヒットした完全オンライン収録によるBBC制作のコメディードラマ『ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!』(全6話)と『ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸!?』(全8話)が現在アマゾンプライムビデオチャンネル「スターチャンネルEX-DRAMA&CLASSICS-」で配信中だ。20日からは吹き替え版がスタートする。

 コロナ禍でロックダウン(都市封鎖)に見舞われたロンドン。予定されていた舞台劇が延期を余儀なくされた2人の主役俳優のデヴィッドとマイケル。ところがステイホーム中の彼らに、演出家から「舞台を止めるな!」という指令が下る。

 ロックダウンのため外に出ての練習もできない、そんな2人が考えたのがオンラインでのリハーサルだったが、思わぬハプニングに見舞われるなど、ことはスムーズにはいかない。知恵を絞りながら進めていくが、果たして彼らに明るい未来が訪れるのか。

 コロナ禍だからこそ生まれた、疑似ドキュメンタリー風のユニークなドラマ作品だ。

 英国の個性派俳優デヴィッド・デナントとマイケル・シーンが素顔で出演し、シーズン1の英国編では、ジュディ・デンチが、シーズン2の米国編では、ユアン・マクレガー、ウーピー・ゴールドバーグ、ケイト・ブランシェットとそうそうたる顔触れの出演者とネットを通して対話し、コロナ禍での演劇人たちの喜怒哀楽を描いている。

 吹き替え版では、デヴィッド・テナントを櫻井孝弘、マイケル・シーンを飛田展男と人気の声優陣が吹き替えを務めている。

 コロナ禍だからこそ何を思い、そして何を考え生活をしていたのか。そんな演劇人たちの日々をかいま見れる一作でもある。

(佐野富成)