世界日報 Web版

飯塚翔太選手「一番長く感じた200メートル」


静岡県の公道で聖火リレー、「宝のような時間になった」

飯塚翔太選手「一番長く感じた200メートル」

静岡県での東京パラリンピックの聖火リレーで、ランナーを務めるリオデジャネイロ五輪陸上男子400㍍リレー銀メダリストの飯塚翔太選手(左)ら=17日午後、静岡県御前崎市(代表撮影)

 24日に開幕が迫った東京パラリンピックの聖火リレーが17日、静岡県で始まり、唯一の公道走行区間となった御前崎市~菊川市の約4・1キロを68人のランナーが走り抜けた。

 御前崎市出身でリオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストの飯塚翔太選手(30)が最初の区間を走行。200メートルを最も得意とするが、「今までで一番長く感じた200メートル。宝のような時間になった」と話した。

 新型コロナウイルスの感染拡大などを受け、この他の聖火リレーの公道走行は取りやめ。浜松市の陸上競技場では点火セレモニーが開催され、静岡市や熱海市の公道を走れなかったランナーが同競技場で聖火をつないだ。

 18日以降は、千葉、埼玉、東京の3都県で聖火リレーの代わりに点火セレモニーが行われる。