世界日報 Web版

投薬可能な新型コロナ感染者の宿泊施設を整備


菅首相が都内のホテルを視察、「重症化を防ぎたい」と強調

投薬可能な新型コロナ感染者の宿泊施設を整備

中和抗体薬の保管状況について説明を受ける菅義偉首相(手前)=16日午後、東京都港区(内閣広報室提供)

 菅義偉首相は16日、新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設として使用されている東京都内のホテルを視察した。首相はウイルスの働きを抑える「中和抗体」を使った治療薬を投与できる宿泊療養施設を全国に整備する方針を表明。「患者の重症化を何としても防いでいきたい」と強調した。

 首相が訪れたホテルには、投薬のための臨時の医療施設が既に設置されている。首相は視察後、記者団に「薬の量は十分に確保している。全ての患者が必要な医療を受けられるよう、医療体制をしっかり構築していきたい」と述べた。

 また、首相は新型コロナワクチンの職域接種に触れ、現役世代への接種を加速させる考えを示した。

 視察には小池百合子都知事、田村憲久厚生労働相も同行した。小池氏は中和抗体薬について「宿泊療養施設でも活用でき、重症化を防ぐことができれば大きな武器になり得る」と語った。