世界日報 Web版

西・東日本で記録的な大雨、6人死亡5人不明


各地で人的被害、土砂災害67件に43の河川氾濫を確認

西・東日本で記録的な大雨、6人死亡5人不明

土石流に巻き込まれた住宅=15日午後、長野県岡谷市(時事)

西・東日本で記録的な大雨、6人死亡5人不明

土砂崩れの現場を見詰める近隣住民=15日午後、佐賀県神埼市

 西・東日本で続く記録的な大雨の影響で、15日までに少なくとも6人が死亡、5人が行方不明となるなど、各地で人的被害が相次いだ。国土交通省によると、16日現在、広島や長崎、熊本など18都府県で計67件の土砂災害が確認されたほか、9県で計43の河川が氾濫するなどした。

 消防などによると15日午前5時半ごろ、長野県岡谷市川岸東で民家の裏山が崩れ土石流が発生、住宅1棟に流入した。建物内にいた8人のうち5人が巻き込まれ、同県辰野町の巻渕友希さん(41)、中学1年の春樹さん(12)、小学2年の尚煌君(7)の母子3人が死亡。他に巻き込まれた2人は軽傷で、残る3人は無事だった。

 長崎県西海市西彼町上岳郷の用水路では14日夜、近くに住む北村ヤエさん(73)と田崎文子さん(70)が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認された。県警によると、同日午前、民生委員を務める田崎さんに、北村さんから「怖いから来て」と連絡があり、様子を見に行ったという。用水路は水の勢いが増しており、大雨との関連を視野に調べている。

 広島県廿日市市の宮島沖では14日朝、通報を受けた海上保安庁の職員が漂流している人を発見。広島市内の60代女性で、死亡が確認された。大雨被害との関連を調べている。同県では80代と70代の男性2人が行方不明となった。

 福岡県添田町では15日未明、民家の裏山が崩れ、壊れた建物に女性(75)が挟まれた。女性は下半身が土砂に埋まったが、通報から約18時間後の午後7時半ごろ救出された。意識はあるという。佐賀県神埼市では14日夕に土砂崩れが発生、住宅など3棟が巻き込まれた。70代男性が倒れた木材に足を挟まれけがをしたが、救助され命に別条はない。

 佐賀県武雄市など氾濫した六角川の流域では、冠水のため取り残された住民らの救助活動が続いた。

 11日から続く大雨ではこれまで、長崎県雲仙市で起きた土砂崩れで女性1人が死亡、男女2人が行方不明となっている。熊本県人吉市では球磨川に流された男性1人の行方が分からなくなっている。