世界日報 Web版

バスケットボール女子、日本は誇らしい銀メダル


15点差の敗北は成長の証し、米国打倒へ新たな始まり

バスケットボール女子、日本は誇らしい銀メダル

C:バスケットボール女子で銀メダルを獲得した日本=8日、さいたまスーパーアリーナ

バスケットボール女子、日本は誇らしい銀メダル

バスケットボール日本女子の五輪成績(時事)

 米国に7連覇を許して銀メダル。戦い終えた日本女子の表情には充実感があった。主将の高田は「金を目指していたので少し悔しいが、バスケ界で初のメダル。誇らしく思いたい」。12人で並んで上がった表彰台。選手同士でメダルを掛け合い、誰もが笑顔だった。

 身長203センチのグリナーらを擁する女王の壁は高かった。積極的な守備から攻撃につなげようと走ったが、視界を阻まれて3点シュートを打たせてもらえない。162センチの司令塔町田を起点に、ゴール下へパスをつなぐと、185センチ赤穂のレイアップがブロックされる。「やりたいことをやらせてもらえなかった」(赤穂)。準決勝までのようなリズムをつかめないまま、時間は過ぎた。

 劣勢に立たされたが、選手を代えながら流れを引き戻すことはできた。第1クオーター終盤からガードを務めた本橋が躍動。相手の高さをかいくぐって持ち味を随所に出し、一時は6点差に迫る。本橋はこの日3点シュートを5度試みて4本決め、高田に次ぐ16得点。コートに立った12人全員が得点し、選手層の厚さを示した。「この12人でしかできないバスケができた」(町田)。試合をこなすごとにチーム力は底上げされていた。

 5年前のリオデジャネイロ五輪では、米国に準々決勝で64-110の大敗。今大会の1次リーグでも17点差で屈したが、決勝の15点差は成長の確かな証しだ。リオ経験者の宮沢は「戦える部分があるというのは感じている」と言い切る。

 ホーバス監督の手応えはもっと上をいく。「米国を倒すこと。これを新しい基準として考えないといけない。これは終わりではなく、始まり」。日本の女子バスケットが新たな時代に入った。