世界日報 Web版

梶原悠未選手、「200%の練習」を重ねて銀


高校まで競泳と掛け持ち、母と二人三脚で過酷な練習

梶原悠未選手、「200%の練習」を重ねて銀

銀メダルを獲得した梶原悠未選手=8日、静岡・伊豆ベロドローム

 自転車トラック女子オムニアムの梶原悠未選手(24)=筑波大大学院=は、155センチと小柄ながら、競泳で鍛えた体、目まぐるしく変わるレース展開を読み解く頭脳が武器。母有里さん(49)と「200%の練習」を積み、銀メダルを獲得した。

 生後11カ月で水泳を始め、北京五輪で活躍した北島康介さんに憧れ五輪選手を目指した。しかし中学3年の県大会で実力を発揮できず、全国への切符を逃した。有里さんは「人生設計が崩れちゃったと、1カ月泣いていた」と明かす。

 進学した埼玉・筑波大付属坂戸高で自転車競技に出会った。ためらう娘に「競泳と二つやれば大丈夫。ママが協力するよ」と後押し。卒業まで掛け持ちした。

 競技用自転車を十分に乗りこなせないながら、全国高校総体に出場。本大会で落車した経験から、「逃げて勝つ」戦法を編み出した。高校選抜は鍛えられた体幹と心肺機能を武器に3冠。すぐ代表入りした。

 母との二人三脚は筑波大時代に始まった。コーチがいない中、メニューを考案。山道で母のオートバイを時速20キロで追走する過酷な練習を繰り返した。勝ったレースも映像を何度もチェック。強豪選手の走りを分析、反省点を洗い出し、戦術は常に複数用意した。

 2019年秋に五輪会場近くの静岡県内に2人で移り住み、迎えた昨年2月の世界選手権は日本女子で初めて優勝。「200%の練習をして、本番は100%出るか出ないか。ママとの練習の方がきつかった」と言ってのけた。

 強心臓は、勝利をイメージすることで養った。世界戦はメディアコメントまで事前に考え臨んだ。レース前、母が娘に掛ける言葉は一つ。「楽しんでおいで」