世界日報 Web版

侍ジャパン、米国に零封リレーで悲願の金メダル


先発の森下暢仁が5回無失点の活躍、総力戦でつかんだ勝利

侍ジャパン、米国に零封リレーで悲願の金メダル

米国戦の3回、三振を奪った森下=7日、横浜スタジアム

 悲願の金メダルが懸かった決勝の大事な先発マウンド。独特の緊張感が漂う中で、大役を任された23歳の森下は臆することなく、躍動した。

 150キロ超の直球は力があり、110キロ台前半のカーブで緩急をつけた。一回は3人で抑える抜群のスタート。四回まで米国打線に二塁を踏ませなかった。

 五回は2死一、二塁となったが、アルバレスをフルカウントから遊ゴロに打ち取り、ガッツポーズ。「立ち上がりをうまく入れて、本当によかった」。三回に村上の先制ソロで奪った最少リードを守って救援陣にバトンを渡した。

 六回の千賀は150キロ台後半の直球とフォークで勝負し、「0点で抑えることが全てなので、よかった」。3番手の新人伊藤は七回にピンチを招きながらも切り抜け、八回途中まで投げた。その後は岩崎が好救援。最後はルーキー栗林が締め、歓喜の輪の中で喜びをかみしめた。

 稲葉監督が守りを中心に、総力戦で戦うと語っていた決勝。5投手で米国のスコアボードにゼロを並べ、一番輝くメダルを奪い取った。