世界日報 Web版

卓球の水谷隼が引退の意向「冒険はここまで」


「目が完治するなら40、50歳まで」、若手への期待も口に

卓球の水谷隼が引退の意向「冒険はここまで」

記者会見で金、銅メダルを手にする卓球男子の水谷隼=7日、東京都内(代表撮影)

 東京五輪の卓球混合ダブルスで金メダル、男子団体で銅メダルを獲得した水谷隼(32)=木下グループ=が7日、現役を退く意向を示した。東京都内で開かれた日本代表の記者会見で「最終的な判断はできていない」と前置きした上で、「今の気持ちでは卓球を離れると思う。目が完治するなら40、50歳までやりたいが、自分の冒険はここまでだと思う」と語った。

 水谷は長年、日本卓球界を支え、集大成として臨んだ今大会では伊藤美誠(スターツ)との混合ダブルスで優勝。男子団体でも2大会連続のメダルとなる銅に導いた。

 近年はボールが見えにくくなるなどの症状を訴え、サングラスをかけてプレーすることもあった。「続けたい気持ちを持っている中で競技人生を終えるのは悲しいし、残念」と話す一方で、「今回の張本(智和)のプレーを見て、頼れる後輩がいるのはすごくうれしい。卓球界の男子はこの先も明るいと思う」と若手への期待を口にした。