世界日報 Web版

バスケ女子日本、フランスを下し銀以上が確定


全員で走り切った40分、着実にチーム力を上げ決勝進出

バスケ女子日本、フランスを下し銀以上が確定

フランスを破って決勝進出を決め、喜ぶバスケットボール女子日本代表=6日、さいたまスーパーアリーナ

 試合終了。男女を通じて日本バスケット界初のメダル確定を告げるブザーが鳴った。選手たちがコート上で輪になって喜びを爆発させる。「本当に言葉にならないくらいうれしい」と高田主将。歴史を塗り替えた。

 1次リーグの初戦で競り勝ったフランスとの再戦。雪辱を期した相手は明らかに対策を練ってきた。序盤から日本が生命線とする3点シュートを打たせない守備を徹底してきた。第1クオーターを終えて14―22。しかし、すぐに立て直す対応力があった。

 マンツーマン守備を敷かれたが、「うまくスペースを使って攻められたのが良かった」と司令塔の町田。厳しい守備で攻撃につなげ、素早いパス回しからゴール下に切り込んだ高田、赤穂らが得点を重ねた。第2クオーターで逆転。徐々にリズムが生まれ、3点シュートがいつも以上に決まり始めた。町田は五輪女子の1試合最多記録となる18アシストをマークした。

 チーム最多の17点を挙げた赤穂は「(相手が)外に張っている分、ドライブに行きやすかった。バランス良く攻められた」と振り返った。格上のフランスを2度倒し、準々決勝では6位のベルギーも撃破。勢いだけでは語り尽くせない力が備わっている。高田は「12人全員が、試合に出れば自分の役割を果たせるのが一番の強み」と言う。一戦一戦を通じ、着実にチーム力を上げながら勝ち上がった。

 決勝で挑むのは、6連覇中の米国。5年前のリオデジャネイロ五輪では準々決勝で64―110と大敗した。今大会も1次リーグで敗れたが、町田は「自分たちのバスケができれば勝てない相手ではない」。自国開催で最後の大一番。世界を驚かせることはできる。