世界日報 Web版

漫画家のサトウサンペイさんが死去、91歳


誤嚥性肺炎のため、「フジ三太郎」など4コマ作品で有名に

漫画家のサトウサンペイさんが死去、91歳

漫画家のサトウサンペイさん(時事)

 「フジ三太郎」などサラリーマンの日常を描いた4コマ作品で知られる漫画家のサトウサンペイ(本名佐藤幸一=さとう・ゆきかず)さんが7月31日午前11時30分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳だった。名古屋市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻みどりさん。

 1929年に名古屋市で生まれ、大阪市で育った。京都工業専門学校(現京都工芸繊維大)卒業後、大丸(現大丸松坂屋百貨店)に入社。宣伝部に勤め、社内報に漫画を寄稿したことなどをきっかけに、新大阪新聞の4コマ漫画「大阪の息子」で51年デビューした。

 拠点を東京に移し、65年4月に朝日新聞夕刊で連載を始めた「フジ三太郎」は、高度経済成長からバブル期に至る平凡なサラリーマンの日常をユーモアや風刺を交えて描き、人気を集めた。79年に朝刊に移った後、91年9月まで26年半、8168回に及ぶ長期連載となった。

 他の漫画作品に「夕日くん」「アサカゼ君」など。66年に文芸春秋漫画賞、97年に紫綬褒章、2006年に旭日小綬章を受けた。海外旅行好きで知られ、「スマートな日本人」などのエッセーも数多く執筆した。