世界日報 Web版

苦しんだ「女王」、空手女子形・清水希容選手


充足の銀メダル、高校時代の試練の日々が成長の転機に

苦しんだ「女王」、空手女子形・清水希容選手

空手の女子形準決勝で演武する清水希容選手=5日、日本武道館

 空手女子形で銀メダルを獲得した清水希容選手(27)=ミキハウス=は、試練が続いた高校時代の恩師の言葉を胸に、五輪の重圧と向き合ってきた。目指したのは「世界中の観客と一体となれれば完成する」という最高の演武。頂点には届かなかったが、目を潤ませながらも、晴れやかな表情を浮かべた。

 兄の影響で小学3年で空手を始めてすぐ、「形」の美しさに目を奪われ、鍛錬に励んだ。2014、16年の世界選手権を連覇。日本選手権は7連覇した。東京五輪の顔、メダル本命と言われたが、苦しんでいた。20年1月の国際大会では3位。五輪延期後の年末の日本選手権で連覇が途切れた。

 東大阪大敬愛高で指導した山田ゆかりさん(60)は、「負けてばかり」と落ち込む清水選手に、「経験は十分ある。五輪一本に絞って心と体を一致させなさい」と助言した。周囲の期待による重圧が「真面目過ぎる」まな弟子を苦しめていると感じた。

 清水選手を支えたのは、同じように苦しんだ高校時代、山田さんに掛けられた「神様は試練を乗り越えられる人にしか試練を与えない」という言葉だった。

 2年生の全国高校総体で、負けるはずがないと思った相手に敗れ、先輩が重ねてきた連覇を途絶えさせた。「タイトルを取れなければやめる」と臨んだ翌春の全国大会は東日本大震災の影響で中止に。喪失感で泣き崩れたが、山田さんの言葉を支えに心を立て直し、最後の高校総体で初めて日本一となった。清水選手はこの1年間を「成長の転機」と語る。

 東京五輪を前に、「ここ数年の思いをぶつけたい。楽しんで納得のいく演技をする」と抱負を語っていた清水選手。決勝の場で、空手の精神を体現したような張り詰めた演武を披露した。