世界日報 Web版

「プレイステーション4」、国内でも発売開始


ソニーが7年ぶり、据え置き型ゲーム機の新機種を発売

「プレイステーション4」、国内でも発売開始

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が22日に国内発売する据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は22日、据え置き型ゲーム機の新機種「プレイステーション(PS)4」を国内で発売する。海外では昨年11月に先行発売され、3月末までの世界販売目標500万台に対し、2月8日時点で530万台を超えた。同社の据え置き型ゲーム機は2006年のPS3以来約7年ぶり。

 新機種はゲームの様子が常時録画され、簡単にインターネット上で生中継できるほか、インターネット経由で過去の名作ゲームもダウンロードできる。

 22日午前0時から東京・銀座のソニービルで先着100人に限定発売。行列を作った熱心なファンには整理券を配った。最初の購入者にはアンドリュー・ハウスSCE社長が直接手渡す。全国の量販店は22日午前7時から発売する。価格は3万9980円(税抜き)。

 国内ゲーム市場はスマートフォン(多機能携帯電話)用の手軽なゲームに押されて不振が目立つが、PS4は本格的なゲーム愛好家を意識した機能が歓迎されており、海外市場の勢いが日本でも続くかに注目が集まる。