世界日報 Web版

原爆の犠牲者を追悼「平和な世界の実現に努力」


広島で韓国人原爆犠牲者の慰霊祭を開催、180人が出席

原爆の犠牲者を追悼「平和な世界の実現に努力」

原爆で犠牲になった韓国人の慰霊祭で死没者名簿を奉納する在日本大韓民国民団広島県地方本部の李英俊団長=5日午前、広島市中区の平和記念公園

 広島で原爆の犠牲になった韓国人の慰霊祭が5日、広島市中区の平和記念公園で開かれた。在日本大韓民国民団広島県地方本部の主催で、今年で52回目。被爆者ら180人が出席し、同本部の李英俊団長は「平和な世界、核のない世界の実現に努力する」と追悼した。

 慰霊祭では、この1年間に亡くなった13人を加えた計2786人の死没者名簿が慰霊碑に納められた。駐広島大韓民国総領事館の林始興総領事は「記憶の継承と市民の連帯、平和構築に向けた覚悟を改めながら、微力ではあるが努力していく」と誓った。

 参列した被爆者の李鐘根さん(91)は「毎年この日が来ると悲しい。核廃絶の思いを共有するとともに、二度と戦争を起こさない、差別のない世界を願っている」と語った。