世界日報 Web版

12歳が最年少メダル、笑顔満開でノリノリの銀


開心那、技のレベルを上げ高得点獲得に「すごくうれしい」

12歳が最年少メダル、笑顔満開でノリノリの銀

スケートボード女子パーク決勝、開心那の1回目の演技=4日、有明アーバンスポーツパーク

 12歳の開は存分にスケートボードを楽しんでいた。五輪の大舞台。カメラに向かってノリノリでポーズを取り、周りの選手が技を成功させると一緒になって喜んだ。史上最年少の日本選手として夏季五輪に出て、銀メダルを獲得。「緊張とかせず、大会を楽しんでメーク(技を成功)できた」と笑った。

 ボードを斜めにしてコースの縁を滑るグラインド系のトリック(技)が得意。決勝の2本目では鮮やかに数種類を決め、優勝した四十住の記録に迫る59・04点をたたき出した。「レベルを上げてあの点数が出たのですごくうれしい」。3回目は失敗して逆転できなかったが、悔いはなかった。

 日本代表の西川監督は「好奇心を持って、こういうのがやりたい、こういうのが格好いい、ということを常に考えている」と気質を明かす。小学校低学年でスケートボードパークに通い始め、海外の大会にも出場。スマートフォンの翻訳アプリを使いながら他国の選手とも交流している。

 これまで「最年少」について聞かれると、「あまり年齢とかは気にしていない」と人ごとのようだった開。競技を終え、今後については「何も考えていないです」。無限の可能性を秘めた中学1年生は、やっぱり無邪気に言った。